ポーニョ ポニョ ポニョ 女の子♪

一昨日、36度になった日。
休みが取れたので母と「崖の上のポニョ」を観て来ました。

このヒトヤスミは、かなりありがたかった!





幕張のシネコンに行きました~。
今風のシートになれないせいか母と二人でもそもそしてましたが、
平日だったせいか空いていたせいか、
お子様たちに混じってもさほど目立たず・笑

場内で時々笑う子どもたちの声が楽しそうなのもよかったなー!

賛否両論あるみたいですが、
あの絵を見るだけでも価値があると思います。
とにかく美しい!理屈ぬきに心に染み渡ります。
頭で見ないほうがいいです。

ポニョが宗介の傷を舐めたり、
ハムを食べるとてもかわいいシーンがあります。(あー、ネタバレです・汗)
(ポニョが最初に変身するシーンも。ここが凄く好きです(^^)カワイイヨ~)

こういった実は生物学や民俗学の要素をさり気なく描いている
宮崎ワールドはいつもながらニクイね!

お約束でわかりきってたのですが、私は最後、涙が出ましたよ・笑
あのエンディングは違うよ~という友達が多かったのですが、
いいの。私はお子様映画に弱いので・笑

純真無垢な思いでまっすぐな主人公たちの姿は、
すっかりヨゴレになってしまった私にはとってぐっときました。
不可能を可能にせんとする思いは本当に素晴らしい!

いろいろ問題の多い世の中ですよね。
ただ、この映画を見ながら、
もしかしたら、この世の中がこれから良くなるのも、悪くなるのは、
正しいか、正しくないかの究極の2択では決して無いこと。。。

自ら持つものを分け与えつつ(還元しつつ)、まっすぐな心で、
進んでいく思いの強さと勇気…
が世の中を変えていくんじゃないかという気がつくづく感じさせられましましたね。。。
当たり前すぎる感想ですが・笑

ポニョは映画でファンタジーだったけど、
私たちが生きるのは現実の世界。
道のりは長くなるかもしれませんが。。。

くだけて言えば、革命とかそういうことじゃなくて、
出来ることをやるというスタンスなんじゃないかな。


そして、とにかく宗介はエライね!
人面魚だったというハンディ(言い方を返るとコンプレックス)を受け入れて、
個性を愛でる心!ポニョを愛する強さ!
(注・これは大人的な解釈ですが、大人はそういうしがらみに縛られていることが多い。5歳だから人面魚&半魚人という真実をよくわかってないというのもある。でも大事なのはそうじゃないという仮定で!映画のポニョはかわいいのであまりそういう気がしませんが…)

なーんだ、大げさだけどこれはすべての女子に捧げる応援歌じゃーん、笑
なんて。

いやいや!
とかく太ってるとか痩せてるとか、
眼が小さいとか大きいとか、
胸が小さいとか大きいとか、
乙女心はいつもそんなこんなで歪んでしまいがちです。
が、
本質はそんなことじゃないよねって(思いたい)。
どんな容姿であっても、王子様は本質を見てくれているってことさ!

さて、映画の中ではハッピーエンドだったけれど、
その後ポニョはどんな一生を送る(った!?)のかな。
気になるところ。


追記;
HPの下にある提携の順番がどうしてああなってるのか。。
つーいつい気になってしまいます。職業柄。

やっぱりヨゴレですね・笑
はっきり言って自分に直接関係あるわけではないのでどうでもいいのですが!
見当はつくのですが、ついつい目がいってしまうのです。

あ、一気に現実ですね・笑
[PR]

by BR_GIRL | 2008-08-06 20:32 | 見る