「ほっ」と。キャンペーン

宿題。

夏はもう終わりだけど宿題っ。
例の困ったチャンに出しました。

断っておきますが、困ったチャンは私の部下ではありましぇん。同じ勤務先でもありましぇん。
そして私も会社員ではありましぇん。(リーダーでもなく)

今してる仕事のひとつに、
フリーの人、会社に所属してる人など各各ばらばらに集まってやってることがあります。
彼女はそのうちのとある会社にいる若い子。
先日チーム内のとあるフリーの方が彼女の態度にぶちきれて彼女をどなりつけたのです。
(内容は省略しますが、若いから仕方ないというよりワガママすぎるぜって感じかな)

私も以前から彼女の態度にいい加減ハラがたっておりキレるのは時間の問題でした・笑。

とりあえず、仕事は適材適所にキャスティングされてるんですよね。
私リーダーじゃないしさ・笑。(リーダーの人もあきれてるっていう)
もう走るしかないんだよ、仕事だからさ。

で。
みんなの仲を取り持つため、ここのところ、彼女の話を聞いていました。
しかし、このままだとこのチームどころではないと思ったので、長い目で見た策を講じることに。
(彼女には内緒でみんなにも協力してもらうことに)

ででででで、出した宿題がこれ~ ↓
・返事は大切だけど、即位即答するな(要は速レスするなってこと)
・自分が褒められたいなら、お世辞じゃなくて心から他人を褒めなさい
・チーム全員のいいところを探しなさい
・人の悪口をいわない「悪く言うつもりはないけど…」のいいわけはなしで!
・入稿は大事だけど、結果を即に求めない
・自分の仕事を楽しむ(とりあえず彼女はやりたい仕事をしてるので)
期間限定14日間。さてどなるか???

彼女はとにかく人の悪口が多いっ!(おまえどんだけえらいのかっていう)
これを少しでも直す方向に向けないとやばいと思うのよ、誰に対しても。

しかしこの6つ、やろうと思うとけっこう難しい。(チーム内のみんなにもやってもらってます)

この仕事はたしかにしんどいよ。
私もいつも文句たらたらだよ。
しんどいことならいつでも聞いてあげるよ。
しかし、人の悪口言って自分をほめろと言ってたらいかんのだよ。
わかりまちて~???
[PR]

by BR_GIRL | 2010-08-25 20:09 | ひとりごと

秋が訪れてるからか?胸が痛い。

この夏とみに考えさせられた2つのこと。
褒められる事と仲間の存在。

褒められないと、人は存在を認められないんだろうか。
仲間がいないと、存在価値(居場所)がないのだろうか。
褒められる事と、仲間がいることが、
人生の安心材料となってるとしたら、ちょっと寂しい。。。

暗い話だけど、この二つにこだわりすぎてる人は正直とても多い。
そして、こだわりすぎてる事に気がついてない人がほとんど。


褒められる事と仲間がいる事。
これって気分を上げるための要素だ。
気分を上げたいのなら、人に依存するのではなく自分であげよう。
客観性は必要だけどね。
客観性じゃなくて他人の目線が気になる人は、
実はその裏返しで、案外ご本人が上から目線という事が多い。
比較級をすることで、優越感(もしくは劣等感)に浸ってるだけ。

一方で褒められる事がうれしい!という気持は誰にとってもいいことなんだけどね。

んで、仲間って探さなくても今、あなたの廻りにいる人・環境すべてが仲間なんじゃない?

というわけで、例の困ったチャンには仲間がたくさんいるはずなんだけど。。。


今、とっても胸が痛くなったので書いといた!!!
[PR]

by BR_GIRL | 2010-08-25 13:52 | ひとりごと

眉毛。

はっ!
今日は書き忘れてた!!!
[PR]

by BR_GIRL | 2010-08-25 12:24 | ひとりごと

2010酷暑回想。

友人が放った言葉。

「もう、暑さに、お引取り願いたい。
頭下げてなんとかなるなら、頭下げたい…」

た、確かに。
頭下げるって営業マンらしい発言だねぇ。

しかし、自然はそういうわけにはいかないっぺ(千葉弁)。

まだこの暑さ続くらしいねー。

***************

夕方になると秋の虫が鳴いているー。
天に向かおうと、木に昇り、精一杯鳴く蝉。
地に足をつけて草むらで声を響かせる秋の虫々。
どちらがいいとか悪いじゃなくて、それぞれの陰陽と生き方。
いま、両者が交じり合うなかなかいい季節かも。

鳴き声をきいてると、
胸をしっかり開いて次の季節にシフトしたいと思う。。。
[PR]

by BR_GIRL | 2010-08-25 12:22 | ひとりごと

music for all living things生きとし生けるものすべてに向けた音 vol.22

この週末の重松君のライブのお知らせです。

夏の恒例ともいえる重松君と蝉とのセッション。
過ぎ行く夏のひとときを森のテラスでどうぞ。


風の音や、鳥の声と共鳴するピアノの音に身を委ねる、
森の中のコンサート

重松壮一郎の表現テーマをもとにしたライブ・シリーズ。東京の「オープンガーデン・森のテラス」という自然に囲まれた類いまれな会場で、鳥や虫の声、風の音、森の気配、お客様の存在と調和・対話・共鳴しながら、音を紡いでいきます。毎回、お客様は自然と一体となる素晴らしい感覚を味わっています。

「芸術とは、一般的には人間に向けて発するものかもしれない。音楽、絵画、彫刻、映画、みな人間が鑑賞するために創られるものかもしれない。でも、僕は、近所の犬のチロにも聴いてもらいたい。スズメにも、ミミズにも、タンポポにも、モミノキにも聴いてもらいたい。」

このコンサートでは、あなたを含め、生きとし生けるもの全てのいのちと共鳴する音が紡がれていきます。風の音や、鳥や虫たちの声が鳴り響く中、1音1音をていねいに紡いでいく、森のコンサートです。
8月は蝉の大合唱のなかでの演奏になるでしょう。
森の木陰でおいしいドリンクとともに、ゆっくりとお楽しみください。

8/22(日)
music for all living things
生きとし生けるものすべてに向けた音 vol.22
会場: オープンガーデン・森のテラス
(東京都調布市若葉町1-32-13 / 京王線仙川駅 徒歩10分)tel: 03-3307-1987
時間: 開場12:30 開演13:00
料金: 前売 大人2000円 / 障がい者*・高校生以下1000円 (1ドリンク付き / 当日券500円UP / 未就学児無料) * 身体障がい者手帳、療育手帳、精神保険福祉手帳をご提示の場合、およびその介護者1名もともに
出演: 重松壮一郎(ピアノ、メロディカ)

☆ご予約はHPよりお願いします。

http://www.livingthings.org/
[PR]

by BR_GIRL | 2010-08-20 18:21

装丁ヲタ。

職業柄かわかりませんが、私は装丁ヲタです。

本屋でピンとくるものがあるとジャケ買いしそうになることがしょっちゅうです~。

でもね。
表紙だけじゃなくて中身の文字組がうまくないと買いません~。
macが導入される以前の写植(デザイナー指定の大きさ・フォントの
文字をひとつひとつおいていくという作業。かつては写植の職人さんがいたのだ)の時代の装丁は
表紙も中の文字組みも個人的感情抜きに、読ませる力を感じるのです。

ああ…
そんな言い訳をしながら、昨日も古本屋で買物してしまったよ。
給料日前なんだけどねぇ、トホホ…。

※結局購入したのは約1300円分っていう~
1300円とはいえど、私にとっては給料日前の買物なのだ~・笑


(知らない方のためにいちおう書いておこう。みなさんが手に取る本や雑誌は
どんなにチンケなものでも、macが自動的に文字を組んでくれるんじゃないん
だよ。デザイナーが文字の位置を読みやすいように文字をレイアウトしてるの
です。わかってるつもりでも意外と理解されていないことが多い現実があるの
で書きました。
macの普及で素人でもそこそこきれいなものが作れるようになりました。
時代はかわったね。でも、だからこそデザイナー(グラフィック)の真価が求め
られるんだけど)
[PR]

by BR_GIRL | 2010-08-20 13:22 | ひとりごと

気分が上るガムザッティのバリエーション。

興味のある方はどうぞ~。
この間かいたので貼っておきます。音でます~。
http://www.youtube.com/watch?v=iYVjdVL9r7U&feature=player_embedded
(ガムザッティ エリザベット・プラテル バリエーションとぐぐるとたしかでてきます)
踊ってるのはパリオペラ座バレエ学校の現校長エリザベット・プラテル。
優雅。。。
でもやりすぎない・力任せじゃないのがいい。
踊りの中でおそまつくんのイヤミのポーズ・シェーっがでてきますがそれさえ美しいよ!

ガムザッティのバリエーションは、
ラ・バヤデールという古代インドが舞台のバレエの劇中、
主人公踊り子ニキヤの恋敵・お姫様ガムザッティの踊りの見せ場。
華やかなのでコンクールやガラなんかでもよく踊られます。

ちなみに同じ音楽とほぼ似たような振り付けの踊りも
「海賊」や「ドンキホーテ」というバレエの中にもでてきます。
[PR]

by BR_GIRL | 2010-08-18 20:04 | 女子バレエ部

お盆があけて。

月曜から働いています。

今日も暑いですねー。
[PR]

by BR_GIRL | 2010-08-18 14:04 | ひとりごと

気分が上がらない時。

そんなときは~

ガムザッティのバリエーションを動画で見よう~
動画が見れないなら音楽だけでも聞こう~

フルオケもよいけど、ピアノソロもよいな~

ああ、華やかだなぁ~
[PR]

by BR_GIRL | 2010-08-11 15:02 | 女子バレエ部

OLYMPUS OM10。

iphoneの写真。なーんかうまく行かなくて毎日どこかで撮ってますよ。
怪しいですっ。
学生の頃は写真部だったんだけどな…。(覆い焼きが得意だった~)
が、機械オタでも、カメラコゾウでもなく。
しかも写真とってお金までもらってたよ・笑。でも、カメラマンにあらず!
ジャーナリズムを志した事があったけど写真はその時やってて結局やめたのさ!

iphone。
使ってみて気がつきましたが、私はタップが苦手だということです。
(念のため書いておきますが、タップはタッチパネルを叩く動作~)

年寄りだという事だぁ~。
トラックパッドやIpadのほうが大きくてやりやすいかもー。
あとはペンタブレットとかのほうが好みかな。。

仕事で使ってる(ってた?)ツールの小さいものをプライベートで使うって変な気分だなぁ。。。

ちなみに私はmac にフリーソフトって入れたこと無い。
イラレとフォトショしかしらないって人。(しかしこのふたつもあやしいなぁー)
フリーソフトを入れることに強烈に拒否感を感じてしまうのさ、なぜか。
あくまでもmac の本質はデザインツール(あとは入稿できるものとしてもかな)
ということを前提に使ってるのだ~。
たとえmac にマイクロソフトのものを入れてても、
mac の本質がデザインツールであることを忘れずにいれば使う事が楽しいと思いますよ。

昔はクォークエクスプレス(懐かしい…)とかも使っていたよ。
クォークって重たかったな…。
最近使ってる人みないけど、クォーク。知ってる人いる???

しかし、器用な友人でさえタップは苦手というから人によりけりかなという感じですかね。


☆タイトルはぜんぜん関係なく昔使っていたカメラ(普及機)。
[PR]

by BR_GIRL | 2010-08-11 12:16 | ひとりごと