吉田都さんのグランフェッテ。

吉田都さん。
英国ロイヤルから、クマさま率いるKバレエに移籍なさってご活躍なさってますよね。。
日本でも見れるチャンスが増えたのも嬉しい限りです。



その吉田都さんを特集した番組を放映されてるのを、たまたま見ました。

もともと、吉田さんの靴音のしなさ加減と自然にドラマチックなところが好きでした。。。

「白鳥の湖」というバレエの中の第3幕のの見せ場のひとつに
黒鳥のグランフェッテというものがあります。

白鳥のオデット姫と一人二役の黒鳥・オディールが王子を誘惑する場面で
登場する超絶技巧の回転ワザの1つです。

早い話、一箇所に片足で立ちながら、32回転する回転ワザです。
音楽もノリノリです。

(もちろん私にはそんな大技できませんよ。
過去、無謀にもグランフェッテ<1回だけ>に挑戦しましたが、
転んで終りました・笑。)

このワザ、ものすごいです!
が、個人的にはあまり好きじゃなかったんですね。

ワザの部分だけが一人歩きしてる感じが好きじゃなかった。

若い勢いのあるバレリーナなんかが踊ると、その身体能力に圧倒されるんですね。
若ければ、若いほど、回転が速い!!!!!

発表会なんかでも、すごく盛り上がるんですよ。
黒鳥のグランフェッテが始ると。。。

開場のみんなが手を叩く!!!!!!
しかし、踊ってる本人は大変です。
拍手で音楽がかき消され、
カウントで回らなきゃいけないという悲劇が起こる・笑!!!

(以前バリエーションでしたが、音楽が聞こえなくて、音を探すあまり、軸がずれて移動しながら回ってる小学生を見たことあります。かわいそうでした…)

が、なんかピンとこなかったんです、昔から。。。

どっちかというと、
オデットが自分の身の上を語るマイム(版によってないのもある)や
白タイツのアホな王子とのグラン・パ・ド・ドゥのほうにグラっとくるんです>私

で、吉田さんが黒鳥のグランフェッテをやってるシーンがあったんですね。

いやぁ~、素晴らしかった。

回転が安定していて、1つ1つが丁寧なんですよ。。勢いだけで回っていない。
て、こうやって女子バレエ部風に書くと面白みがないんですが…。
いや、これだけでもすごいんです。。。

回る1回づつが、
王子を誘惑する悪魔の言葉を唱えてるっていうんでしょうか・笑。

「舞」と「技」が両立してるんです。

これはすごい!正直、はじめて感動しました>黒鳥の32回のグランフェッテ。

単に鈍感だっただけか、私が・笑
32回れるだけで、それはそれですごいのだから!

それから、回転のとき、顔が正面を向いてる時間が凄く長いです、吉田さん。
これからはお稽古で、回転ものをやるとき、ぜひ見習いたいです。

言ってもいいですか?
私はグランフェッテ回れませんが、
回ってみたいです。

吉田都さんのように~・笑

無理な話ですネェ~
[PR]

by BR_GIRL | 2007-04-27 13:02 | 女子バレエ部