長いもに呼ばれたのか?

14日は祖父の命日でした。
13日は実家のコーギーの誕生日。
11日はなくなったMダックスの四十九日。
なんだかいろいろな日が続いたここのところでした。

先週末、仕事の取引先の人から長いもをいただきました。
長いもは、焼いて美味いし、お菓子のつなぎにもなるし、
梅酢につけてもいける!いい仕事してくれますねぇ。。。

でも、やっぱり一番美味しいのは麦とろごはん。
麦とろと言えば、私にとってまっさきに浮かぶのは祖父。



記憶の中の祖父は、おおきなすり鉢の前でうれしそうにすりこぎでとろろをあてている。

「子供のころは麦とろごはん一番のがごちそうだったんだよ。
おじいいちゃんは、おまえさんの好きなお刺身を
東京に出てくるまで食べたことなかったんだ…」
とよく話してました。
当時の私は、そんなの嘘だよ~、お刺身食べたことないなんて~
と笑っていました。
が、今は祖父の言ってることは嘘ではないと思います。

祖父は長野出身。「辰」どしに「龍」のつく地名の町にうまれ、
「龍」を名前の一文字にもっていた。
戦前の人でしたが身長は180センチ。
顔は、鈴木京香似の曾祖母に似ていて、(注・私は全然似ていない・笑)。
外国語がとっても堪能だったのを覚えている。(父も私も外国語はまるでだめ…笑)
大人になってから知ったのですが、
漢籍や古典にも非常に詳しかったらしいです。。。(じいちゃんよ、教えてくれー)

母のおなかの中にいたとき大暴れする私(陽性だったんだねぇ)を
親戚中は口々に男の子に違いないというのに、
祖父ただ1人が女の子だと言いはり、お上品な名前をたくさん考えてくれたが、
父の一存でその名前は全て却下となった(笑)

今年、祖父が他界して22年。。。
出棺の時飼っていた柴犬が遠吠えをして、たくさんの人が涙した。
葬儀が終った次の日、東京は大雪に見舞われ、一面が銀世界になった。
今でも忘れない日だ。。。
私にとって人の「死」にはじめて直面した出来事だったのだから。。。

命日は覚えていたが、
長いもは、祖父があの世から私に送ってくれたメッセージなのかもしれない。
Mダックスが無事についたよ、という。。。

祖父のことだから、私たちが過した犬達と楽しく過していると思う。
取引先のIさん、ありがとう。長いもを運んできてくれて。

全然関係ありませんが、
とろろって白米にもありますが、玄米にとってもあう気がしますねぇ。
[PR]

by BR_GIRL | 2007-01-16 13:27 | ひとりごと