陽気とパン。

妖気のタイプミスではありません(汗)。陰陽五行でいうところの「陽」の気です。
(余談ですが、ホラー映画&漫画は苦手ですが、みずきしげる先生が大好き!)

いま、北半球は、毎日少しづつ、春が、テンションをあげている。
春分に向かって日は少しづつ長くなり、地面が太陽に照らされる時間も増えて
地面は暖まり、冬の間地面の中にあった動物、植物たちも顔を出し始めている。





冬、「気」というものは、地中にきゅーっと入り込み、地上は冷えて寒くなる。
春のはじまったばかりの今の時期は、
地面の中に入り込んでいた気が立ち上ってるらしいという。
しかし、残念なことにその「気」というものは、私には見えない。
ただ、外を歩くと、頬をなでる風がなんとなく暖かいので、きっとそうなのだろうなーと、
古の人々がいったことはなんとなく判る気になっていた。。。

ここ数日、パンが無性に食べたかった。
大好きなア○ル○でも、加○農園でも、
今のわたしにとって、パンを食べることは大なり小なりとても「粉苦しい」。粉食で、
陰性であることや、血液の粘着など…理論上の問題で気にしているのもあるが、
消化器にへばりつく感じがしんどく、仕事に差支えるので食べないようにしていた。
これはマクロビオティックを始める前もそうだったが、感覚よりも、食欲の方がまさ
っていたので食欲のおもむくまま食べ続けていた。

しかし、今日はパン解禁。ベーグルをいただいてみた。
おいしかった~。ごちそうさまでした。でも、赤ちゃんみたいにおなかぱんぱん!
(おばちゃんが何いうとるねん!)

食べ終わって、緩んだ頭でふと考えてみた。
以下はひとつの仮説です。正しいかは不明。

冬場の寒さをしのぐために、
根菜類をいっぱい食べて、「きゅーっと」陽性なった私の体。
今、季節は春到来。陽の気も立ち上りはじめている。。。

ただでさえ陽性になりやすい私の体は、陽気にさらされて苦しくなり、
陰性の食べ物(たまたま私の場合はパンだった)を欲したのではないか?
たしか、春の五行の穀物にも麦が対応していた気が…。理論上も間違っていなくもない。

なるほど!食べるものを春の素材に切り替えてはいたが、
まだ火を通す時間を長くしていた。それが陽性気味で、アンバランスだったかもしれない。
(注:今、私の食事は仕事の環境に調和させるため、塩気はかなりおさえてある。味噌汁であれば、小さい私の手の小指の第一間接の半分~第一関節くらい)

そうだなー、もうちょっと、調理時間を短くしてみよう♪
はと麦粒も買ったので、それも玄米ご飯にいれてみようかな。
[PR]

by BR_GIRL | 2006-02-27 20:34 | からだ