ゆるむ、という感覚。

身体に始まり常識や好みの感覚は人それぞれ。
型にはめられない。
一見非常識であっても、お縄にかかることでなければ
感覚はそれぞれでよいのではないかと思う。
社会に身を置き、それなりの役割があると
常識と欲望のハザマで溺れもがくことが実に多い。
それが、とにかく人生の中で(大げさだわね)悩ましい。。

風邪引き前後からすごく感じている感覚がある。
それは、自分にはリラックスするという感覚がないこと。






そして自分は緊張しやすいんだという感覚がとても希薄だったこと。
緊張って心臓がばくばくいうことだけが緊張じゃない気がします。
まだ言語化で着てないんですけど。
とにかく、さまざまな状況に直面して、緊張したとき、
自分はゆるみたいんだというのをすんごく感じるようになったのです。

どうも、リラックスという言葉は、私の身体言語にはひっかからない。
それよりも、リラックスする前の段階の「ゆるみたい」もしくは、「ゆるむ」の方がぴんとくる。
「ゆるゆる」もわかるけど、どっちかというと自分にとっては「ゆるむ」ための動作かな。。。

どれも同じだろ?といわれればそりゃそうだ。

私のからだが持つ言語感覚は
体がゆるみ始めないとリラックスという状態にならない、という感じです。
みなさんはどうですか?ほとんどへ理屈の世界ですが(笑)

どうも、リラックスどころではないわ~っていうのが
私のからだが感じている核心、答え?みたいです。
ようするに、落ち着きがないのかしらね。だからリラックスする余裕がない。
だからひたすら、ゆるみたいって思ってるみたい。
極端に冷たく甘い昨日のアイスみたいなことがおこっちゃう。
もしかしたら、頭から水をかぶったほうがよかったのかなぁ?
とも考えちゃったりしてます。1日たつと…。

長いですが、追記☆
ちなみに私の姿は、いわゆる陽性といわれるスレンダーではありません。
かといって筋肉質でもありません。どちらかというと「デブ!」です(涙)
というか、私は意識がとても「陽性な感じ」です。
陽性といっても、いろいろあると思うんです。
容姿がスレンダーな人。根がまじめな人。私みたいにしょっちゅう緊張状態の人。
いろいろあると思うんです。一口で決められないのが陰陽の面白さなきがします。
で、陽な人もその分、また陰ももちあわせていると思うんです。
実のところ、陰陽ってどういうものであるのか断言できる立場ではないので、
私はこう考えてますが、どうなんでしょうね?といった感じです。
[PR]

by BR_GIRL | 2006-01-19 21:17 | からだ