PMS!  その2

昨日帰る途中、トノに電話をしたら、ちゃんと顔を見て話をしようとすることに。
(その1参考にしてください)

私は荷物を抱えていたので、家に帰り、
味噌粥をいただき、終電でトノの住む街へ向った。

話し合いをした。全部書ききれないのが残念。
最近のコミュニケーション不足ということで、
お互い歩み寄り和解ができた。ヨカッタ…

忙しいトノには申し訳なかった。
グーグー寝る私を尻目に、トノはその後不眠不休で仕事をしていた。
お互い同業者で時間がない中、何年も付き合ってるけど、
年に1回くらい私たちはこういうことがある。
でも、こうでもしないとうまくコミュニケーションをとれない自分たちって不自然なのか?




そして5年ほど前、理由のない失恋をして、いまだにひきずっていた自分を再発見。

失恋後、PMSが重症の一途をたどり、精神科と婦人科にのお世話になった。
症状のひどさといったら、監獄行きにされもおかしくないくらい。
とにかく、失恋のせいにはしたくなかった。
そんな笑いの種になるのはごめんだと思っていた。
今でも、少しそう思っている。あと、食べ物に左右されたくないことも。

話しているとき、ふと、一番PMSが悪かったときのさまざまなこと
がよみがえり、胸が苦しくなりトノに伝えると
トノが言ってくれた言葉に涙がこぼれてしまった。
「もっと、人生を楽しいっておもわないとつらいよ…」
そうだね。ありがとう。抗生物質もステロイドもいらなくなり元気になれたのだから。
こめんね。ぐちぐち、いらいらしてしまって。

ちょこっとだけど、チョコ食べた自分がいけないんだ。
いつも食べなくて平気だったけど、こういう日に限り目の前に現れる。
これって試練なのか?
でも、断るのってむずかしいんだ。
打ち合わせの時、とにかく仕事中、もう少しゆるみたいんだ、私。
ポーカーフェイスで冗談じゃんじゃんいってるけど、本当は、緊張して苦しい。
気をつけないとね、砂糖とカカオの魔力。
チョコが悪いんじゃないんだけどね。。。
自分が気をつければいいだけの話。

甘いものが欲しいというより、
とにかく、仕事してるとき、極度の緊張から開放されたい。。。
必殺!青菜丸かじり(KIYOさん参照)か!?
ゆるみたいという感覚がわかってきただけでも収穫は大きいかな。
とにかく、修行がたりんのだ。今の私。
(アロマだと私寝てしまうんですよ。余談ですが…)

チョコレートとPMSの関係については下記をご参考ください。↓
http://www.lomalinda-jp.com/pms.htm
[PR]

by BR_GIRL | 2005-12-02 14:13 | からだ