すごい日本語。

「子どもをつくる」
すごい日本語だと聞く度に思います。

個人的にですが、
子どもをつくることができるって考えるのはエゴじゃないか?と思います。
不妊治療をしてる方でも何回もつらい思いをされてる方が少なくないと思うと、
つくるより”授かる”という言葉の方がよっぽどしっくりくるような。
子どもをつくるという日本語表現の仕方は、
もっと原発つくりましょうって言ってるのとレベルが大して変わんないんじゃないかもとも(笑)

やることやったらできるかもしれないんでしょうが「つくる」ってどうよ?

子どもをつくれるって言い切れるほど人間はそんなにえらいのか?

生殖年齢&体には限界があるかもしれないけどね。

「創る」ならありかもしれない。
(キリスト教的な神が世界創造したって意味に近い感じで。英語で言うとcreativeね。)
人間は一人一人がOne and only だからね。
でも、今の世の中に「創る」の意味で
「こどもをつくる」と口にしてる人がどのくらいいるのだろうか?

語彙力のない人だったらうっかり
「子どもをつくらないんですか?」って
DINKS夫婦に悪気が無くても言ってしまうかも知れません。
(私だったら赤字入れちゃうね~!)

不妊治療を受けてるある友人がとても苦しんでいるのです。
まわりから浴びせられる言葉で、
体だけでなく心がとても深く傷ついてしまってる。。。

発言をめぐる”人権”は大事なことだけど、
個人的には人権にこだわりつづけるのは嫌いです。
今の日本は人権にからんで特定の政治が色濃く入っちゃってるからね。
でも、思いやりと良心は大事にしたい。

「小供」という表記は「子ども」になりました。
時代にあわない文化や表現は時代によって変わっていくでしょう。

「こどもをつくる」という表現も変わって欲しい。
この表現が変化してくれれば、友人も、世の中の女の人たちは、
生きやすくなる気がするよ。。。

世代や立場によって子どもを産むことに関する状況や
生殖に対する考え方が変わりますよね。
お互い理解しがたいだろうけど、
子どもを産んでも、産めなくても、産まなくても、
お互いが尊重しあえる社会になればいいのにって思うよ。


叫ぶよっ
ファーック!!!!!!!!!!
[PR]

by BR_GIRL | 2012-07-09 12:13 | ひとりごと