まんが。

自分がためやすいものは書籍の類かな。
なので、書籍は定期的に処分してます。

図書館をよく利用するようになったので増えなくなりましたが、
まんがは買ってしまいます。
(そんな頻繁に買ってるわけではないんだけど)
巻数がけっこうあって連載が続いているとなかなか処分にしづらいのが悩みです。
けど。
収納には限界があるわけで…
勇気を出してブックオフに持っていくとあきらめがつくんですよね。

本棚の隙間を見ると心の風通までよくなったような感じがするけど、
またそこのスペースも埋まっていき、また処分するんだろうな。

新陳代謝みたいなものでしょうけど、案外必要ではないものなのかな。

世の中が電子書籍に完全移行したらどうなるんだろ、うちの本棚。
その時はその時かな。

あと、我が家には主人の所持するたくさんのレコードがおわします。
世の中は皿回したち(古い!)でさえ、もうフルデジタルの時代が到来してるのに!!!
(スクラッチとかもデジタルでできるらしい!?)
我が家のスペースを陣取ってるあのオーディオ類。
いったいどーなるんだ!?
林檎テレビも便利で楽しいけど、
あれもどのくらい普及して使い続けられるものなんだろうか?

私はオーディオにはノータッチだし、なくてもさほど困らないのよね。
けど、我が家のスペースを陣取るオーディオ類どうにかならんかね???
なかったらもっとすっきりなんだけどな、主人よ。
[PR]

by BR_GIRL | 2012-03-16 18:37 | ひとりごと