羽の付け根の下。 ①

「肩甲骨」のことをバレエの先生は「羽の付け根」と喩える。

例えば、白鳥が空にはばたく時、翼を大きく広げますよね。
ヒトがその動きを真似をしてみるとどうなるか?
肩甲骨から動かしませんか???

えっ!
バレエの話かって?
違います。
今回はバレエの話ではありませんよ。
肩甲骨の下=羽根の付け根の下の部分、
体の話をします。。。





体を悪くして以来、
食べすぎ、夜更かし、天気の状況により
その「羽根の付け根の下から下半身
痛くなったり、重くなったりする。

先週金曜の夜、
特にひどかったのは左の肩甲骨の下。
しかもそこを中心に背中全体が重く、だるく
土曜の朝、起きるのがしんどかった。

最近、外食が続いた。
白状してしまえば、自分で計3回せんべいと和菓子を買った。
(近所の赤坂青○の季節の和菓子と胡麻せんべい)
それ以外は、なんとか自分を説き伏せてお菓子を買わなかったのです!
(これはぐうたらな私にしては大きな進歩!そして、節約だ!)

今、甘いものをいただくと、私は気絶しそうに眠くなる。
仕事上、時間の問題もあり、
我慢はしないが、自分を納得させるために、そして、
マシなチョイスとしてのこの2種類だった。

さて「羽根の付け根の痛み」にハナシを戻します。。

この痛みのことを土曜にレクチャーのあったOBの先生にうかがったら、
なんとこの場所は「膵臓」があるとのこと。
ついでに「粉苦しい」(と栗、サツマイモ)についてもうかがったら、
粉ものをやめ、甘い野菜をいただくようにとアドバイスをいただきました。

そうかー、
膵臓といえば、糖類、インシュリンの分泌云々。
世の粉食類といえば、
全粒じゃない炭水化物(糖類)がほとんどをしめる。
今までスイーツを含む粉食LOVERであった私は
脂肪となった粉類たちが膵臓に溜まってるのかしら(汗)
ショエーッ!

それに、粉って全粒より精白したものがほとんどだものね。
(ものによっちゃ漂白したものもある)
いくら、植物性とは言え、丸ごとを食さないのの摂り過ぎも
一物全体をいただくマクロビ的にもよろしくないはずだ。

そして、先生に聞き忘れたが、私は低血糖症なのかしら!?
以前に比べると、甘いものとコーヒーへの欲求はだいぶ抑えられてますが、
ここにきて、甘いもの、動物性、正体不明のものを
口にすると、体の反応がやけに激しい。
時にはわざとらしいくらいに体がつらいこともある。

今までそんなことなかったのに。。。
嘘みたいだけど、先輩たちが通ってる道を自分も通り始めたのかしら!?
だったらうれしいなぁ~
(ずぼらでB型の私がそんな風になるなんて、実はちょっと信じられないのです)

というわけで、
今日からがんばって甘い野菜のスープを仕事に持参してますヨ♪
(大量に作るけど、作るのはやっぱり大変だー)
これってば、よく考えるとベジタブル・コンソメ(野菜出汁)ですよね?
洋物の煮込みとかにも使えそう♪なんて想う私は口卑しいわ(涙)

膵臓の脂肪よ、溶けろ!溶けろ!溶けろ!~(アニマルかー)
そして、早く飛んでいけ~
[PR]

by BR_GIRL | 2005-10-17 17:58 | からだ