トホホなiphone。

ぴんとくるケースがみつからず、
まだプラの透明ケースのままのiphone。

おなじ頃iphoneにしたバレエの役員同期Mさん(小学生のママ)もおなじ状況らしい。
で。昨日、床に落としたらケースがこわれてしまったとのこと。
プラケースやめてラバー製にしようかと二人で検討してるところです。

そして、iphoneでメール打つのってけっこう大変(わたしたち二人は…)。
ものすごい目が疲れます(わたしたち二人は…)。
お茶のみながらメールなんてできないよね…
ひたすらメールに集中しなきゃいけないよね…
と二人でもりあがりました。

iphoneは親指で打たないんですよね。
整体(野口)的にはどーなんだろ。
特に妊婦さんや女性とかさ。
iphoneユーザーって親指打ちのメールユーザーと
もしかしたら体におこる現象がなにか違いあるのかも?とも思えたり。

ただな…iphone、男の人は違うような気がしますね。
男の人は機械に対して強い体の造りになってるからね。

親指もあまり得意ではなかったけど、
前の携帯の方が頸や目が疲れなかった気がします、個人的には。

iphone。いい悪いではなく、考えさせられました。
使ってから。


追記
まぁ、ケータイピコピコうってたらどの指でも
どんな人でも目(とアタマ)がつかれますよ、というのが本音。
体の使いかたによって体に起こる変化が違うのではないかというささいな疑問です。
経絡とかも関係あると思うけどね。
[PR]

by BR_GIRL | 2010-10-22 13:05 | ひとりごと