キレ子の会。

自称キレやすいわたしと仕事友達できれやすいTさんと結成しました。
「キレ子の会」。ただ今、会員募集中!(というのは嘘です)
まぁ、言ってしまえばキレ友コミュか!?

Tさんは、ご自分でおっしゃったのですが
「あなたよりも私(Tさんご本人)のほうがキレ度マジヤバイっ」
正直、たしかにそうなんです・汗。
寺内貫太郎もビックリなのだ。

二人ともおばちゃん。血圧は高くない。
が、キレてしまって半身不随はヤバイんじゃないか???
という不安がよぎる年ごろになってきた。

私も困ったちゃんを相手にしてるとき、血圧が高くなるのを体感しました。、
これはよくないと感じたのが事実。

じゃーキレないようにしたいというのが本音だ。
けど、訓練とは言えそうすると、反動がすごいと思うのでどうしたらいいか?
で、二人でシェアしあう事にしました。それが「キレ子の会」。
先日は好きな食べ物・普段の食生活・血糖値について話し合った。

で、今は、最近きれたことについて内観というのをやってます。←正規方法をちょっとアレンジしてます
(詳しくは検索してください。もしくは寺門琢己さんの本を読んでください)
Tさんに内観したことは事細かに恥ずかしげも無くかきまくりメールしました。
そして、Tさんからメールがきました。
Tさん、恥ずかしい事もちゃんとかいてます。読んでいたら涙がでてきました。
(でも、私の涙は安っぽいのでしまっておこうっ)

マクロの世界に足を突っ込んで思ったのは、
何かに依存して陰口や文句ばかり言ってる人が、
普通に生活してる人よりもの凄い多く、程度がひどいように思えました。
(もちろん、自分を含む)

食べ物のことを考えるのは大事です。
主婦なら家族の食べるものを考えることが重要課題のひとつです。
でも、口の中にモノをいれることばかりに執着してると陰口や文句ばかりになってしまうのかな?
というのが今のところの答えのうちの1つです。
(自分がいってるる事に気がつけない人が多いことも明記しておきます)

基本的なポリシーで、
不満はあっても陰口を言わないで生活をしたいのが本音です。
本音のままに生きれるとは思えないんだけどね。

人には陰陽両極面があるから。






*********************************************


以前一緒に仕事しました。
彼女は仕事ぶりがとっても気持がいい。
打ち合せでキレたところに遭遇しましたが、手も口も凄かった!
(こんなことに賞賛を送るのは正直常識外な私ですが…)

たしかにTさんの鬼っぷりはすごすぎた。
でも、キレの気持には実はみんなが賛同していたのです。

陰口を言いながらの仕事は犠牲ばかりが増殖していい結果を生まない。
だから、Tさんはキレた。
(もちろん槍玉に上った人たちはズタボロでしたが。。。)

チャーミングにいうことがいい事なのはわかる。
けど、凄腕外交官やネゴシエーターになるのもちと違う。

最近、キレないことが流行ってます。いいことです。うらやましい・笑。
が、マニュアルを唱えてるんだかしりませんが…
なんかの真似そのままみたいに説得にかかられる。
正直、笑ってしまうんだよね、悪いのだが。
必ずどっかでボロがでてるんだよ・笑。
だから、説得されたフリしてます・笑
[PR]

by BR_GIRL | 2010-10-15 12:27 | ひとりごと