原始人の苦労。

親不知を抜いてからの口の中、大分慣れました。

親不知のエピソード、みんないろいろありますね。
入院して抜いた人、麻酔なしの人、一気に抜いてしまった人…
聞いてるとそれぞれに、ひぇぇ~~~って感じです。


ああ~
親不知を抜いて、原始人から現代人へ。
しかも有料で・笑。

抜歯が通過儀式だった大昔(一説によると、古墳時代までやっていたとか!)。
トーゼン、歯科技術なんかなかった当時でしょう。
半端なかったとおもいます・笑。

もしかすると、
歯を抜く行為って何か必然性があったのかも?と思えてきたり。

でも、抜きたくないね。大事に扱いたいのが本音~。
[PR]

by BR_GIRL | 2010-10-08 11:24 | からだ