帰りたい~。

のに帰れないー。


みんなが見ようとしない、書こうとしない感情に「ひがみ」(←別にかかなくてもいいのですが)
があるような気がします。





というのも。
プライドの高い人と接してると、
ひがみ根性だすなぁ~ってことがあるんですよ、なんか。
私がアホだから偉そうな事いわれるとむかつくんだろう。
別に~・笑。自分の事利口だなんて思ってないもん・笑。

「ひがみ」
プライドの高い人は向上心で「ひがみ」を帳消しにする人が多いね。
それは、自信ゆえプライドが高いからできるんでしょう。

でも、そういう感情があること・あったことをを認めよう。
はずかしいことじゃないと思う。

「ひがみ」って方言なのかなぁ?
「ひがみ」っていう感情の意味がわからなかったら手っ取り早く言えば「卑屈」です。

卑屈の「卑」左ににくづき(へんとつくりの「月」ね)を書くと、
「脾臓」の脾です。
脾臓は胃の裏側の奥まったところにいるあの子だよ。
(五行的にはもっと広範囲に解釈してるけど省略します)
この子、おとなしいけど、けっこうがんばりやさん。
奥まったところにいるゆえ、ぜんぜん、主張しないの。
でも、自分を認められないと落ち込む繊細なやつ。

ひがんでばかりいたら、脾臓が痛みますよ。
プライドの高い人の顔を見ていたら、
つらそうな低血糖の人が多い気がしたの。
(生活スタイル・食生活などで、一時的に低血糖状態になる方もいますが、それは別です)
そして、抱き合わせなのかしらないけど、
そういう人は、他人の賞賛が生きる糧・生きがいみたいな人が多い。(→それが悪いわけじゃない)
そりゃ、褒められると、血糖値あがるもんな…。
ちなみに、脾臓って西洋医学では免疫(自分を守る)仕事もしっかりしてるとか。
ひがみという感情は自分を守る必死な作業なんでしょうね。

卑屈になるくらいなら、自分で自分を褒めようぜ!!!!!
そして、卑屈になった自分もちゃんと認めよう。
ただの自己満足と自己陶酔に終わらないために。

さいごに、私みたいにプライドのない人間も問題が多いということも書いておこう。
(ばっさり!)


********************************
ちなみに、
脾臓って胃がんとかになると転移の危険を防ぐために
手術であっさり取られちゃうんケースが多いんだよ。

私の父は胃がんで胃をゼンテキしたとき、やっぱり脾臓も摘出。
見ましたよ、脾臓・笑。
ノウボンにのった父の脾臓はびよーんとしてました。
それだけ弾力をもって動いていたんだろうね、あんな狭いところにいながら。

しかし、父は10年たってもスーパー元気。
玄米なんて食べてませんから・笑。
(弟は父のことを悪魔に心臓を売ったんだーと言っていた・笑)
[PR]

by BR_GIRL | 2010-10-01 19:53 | ひとりごと