ごえん。

学生の頃から、実家のご先祖のこと(江戸・戦国より前)を調べて続けている。
興味深いことが多いのと半分が執念・笑

で。
最近、祖父が大学に入れるように一声してくれたらしき方を見つけ出した。
えっ!?札束積み上げて裏口入学とかじゃないよ・笑。

当時家業が倒産していたので、祖父(学業はよくできたらしい)は
大学入学を金銭的問題であきらめていた。
しかし、前妻の長男で学業もできるという事で、
なんとか大学にいかせたいという家族の意向があった。

ありがたい事にその願いを叶えてくれた方がいたらしいのだ。
が、諸事情があり、長らくその方のことをわからずじまいであった。
ヒントはひとつ。どうも同じ姓を持つ一族の一人であるらしいとのこと。

まぁはっきり言って、嫁に出た私には祖父の出た大学ことなんてもうどうでもいいのが本音。

ただ、早く鬼籍に入った祖父の若い頃や本家について祖父もあまり語らなかったし、
私たちは家族はそういったことをあまり詳しくを知らなかった。
けれども、もうちょっと祖父のことをもっと知りたかった。

家業の倒産、後妻さんが入ったこと、戦争。。。
祖父自身そういったこともあり故郷とは距離を置いていた。
父も本家から遠く離れた千葉に住んでる事もあり、そちらとは縁が薄く、
当時のことを知る人はもうほとんどいなくなっていた。

ちょっとしたことがきっかけでその人のことを知った。
私は祖父のことがとても好きだった。でも、祖父のことをあまりにも知らなかった。

今はただただ、祖父のことをよくしてくれた人がいたことが、とてもうれしい!!!

おそらくこの方のご縁で、祖父は祖母と結婚したのだろう。
(祖母が以前から喋れず、耳も聞こえないのでもう詳しい事を聞けないの)

面白い事に、叔父の勤めてた会社の創設にもからんでいたことがわかった。
(叔父はたぶんそのことは知らないと思う。叔父は全く別ルートでその会社に入ったから)

口数は少ないけど、真面目に生きている祖父の運命を導いてくれた方がいたことに、
時を越えて感謝。(その方にしてみれば、いろいろ思惑もあったかもしれんが…)

そして、祖父に聞きたかった遠いご先祖のルーツも、あとちょっとで紐解けそう。
あくまで偉大すぎる仮説なんですけどね・笑。

ご先祖のルーツ探しは足掛け15年。
陰陽五行がすごくヒントになったのも笑える。
いやいや、ここは日本だからそういうもんなんだろね。
私は神話や伝説がとても好き。民俗学も好き。
(考古学の人に嫌われるタイプ)
エロと笑いとバイオレンスでてんこ盛りの世界は最高!

(注・嫁に行った家のルーツも面白そうなんで手はつけてはいる。嫁にいったからさ!)
[PR]

by BR_GIRL | 2010-03-16 20:26 | ひとりごと