ヘイっ マイケル!

マイコー。
ミドルネームあったんですね。
Michael Joseph Jackson。

Michaelは、キリスト教の大天使ミカエル。
Joseph は、キリストの父。(ヨーゼフ、ヨゼフ、ジョセフと言語によって発音が異なる)←説明しつこいかな?
JacksonのJackは聖ヤコブ(キリスト教の伝道師)。
を意味します。

つまり英語って言葉は、キリスト教(ローマ化された)文化の上に
成り立ってるんだナァといまさらつくづく感じました。
知ってる方でも知らない方でも、つまらない内容ですが、
言語学なるものをかじった身としては気になっちゃうのですよ。
マイコーのご両親はそこまで考えなかったかもしれませんが(普通考えません)。
(もしかしたらJackはちょっと違うかもしれませんが…。あとね、旧約聖書も今あるものと大昔のものでは違うらしいです。中味の内容だけでなく解釈が…。ダ・ヴィンチ・コードみたいですが・笑)

アメスクや英米文学科とかおでになった方、留学した方、
クリスチャンの方、翻訳やってるはご存知だと思うので、
いまさらっって感じかもしれませんが、
英語の名前の意味について書かれた「ファーストネーム辞典」なるものがあります。

ワタシは英米文学とか専攻しなかったのですが、
大学生時代、当時の英語の先生に教えてもらいこれにはまりかけた。

私の名前は日本語のほかにスワヒリ語、英語、ネイティブアメリカンの言語の中にも
同じ発音の名前があるらしいです。

で。旧約聖書の中にもでてきて、
ヘブライ語で(たしか)、「楽しみ」という意味だったと思います。

ウチの親はそこまで考えてなかったらしいですが、大学生の時その意味を知ってすごく感謝しました。
(英語を生業とする方には滑稽かもしれませんが当時めちゃくちゃ感動したのです・笑。お許しを・笑)

英語はまったくできないけど、インターナショナルな名前なワタシっ。
しかも「楽しみ」だなんて。なかなかいいじゃーないかー。センスあるじゃん、うちの両親・笑。

ちょっと前だと、源氏名にも多い名前だったんだけどね・笑。

マイケルの名前を見ていたら、思い出したので書いておきました。
お父さん、お母さん、ありがとう☆

マイコー。
君は名前だけじゃなくて、充分天使だったよ。。。。。
とにかく君が歌って踊れば、速攻非日常っ(ケ、ハレのハレ)!
そんな熱狂まずありえないもん。
そりゃ、天使だよ。

そして、薬や薬みたいなものに頼らざる終えない状況を作り出してるこの世界の、
大きすぎる”振れ”を弱める手伝いをしたいなぁと思わされました。
マイコーの死で。


注・ま、とにかくガイジン恐怖症なのです、ワタシは・笑
[PR]

by BR_GIRL | 2009-07-03 17:15 | ひとりごと