こんな季節。

調子がイマイチかも~。
むちうちの症状がはじめるまえのようにだるいです。何もしたくないっ!
(仕事したくないー。&むちうちをあまり馬鹿にしてはならないのだー)
そして、ひさびさに、ちょいと膀胱炎っぽい。
午後から確認のために病院で検査してもらいます。
(腰湯(寺門琢己先生の本をご参考に。)をしても汗の出が悪いので、
腰湯はいつもより温度高めに設定して汗をだしてます)






少食(自然と)と足湯をかかしません。
(ちなみに左足があたたまるのがにぶいね、今回。
だから長めに足湯。ついでに陰陵泉というツボおしも…)

あとね、常温のお水をちびちび飲んでます。
三年番茶はなんか違うんだよね。マズイわけじゃーない。お茶じゃないのよ、今。
お腹がぶがぶになるまではのんでませんから・笑。

でも、元気なんですよね。とっても。
朝起きるのはいつもよりちょっとだるいし、仕事もサボりたいけど動けるのです。

今日の東京は雨です。
チョット前から感じつつありましたが、
湿気が多くなってきてますね。

皮膚は湿気で覆われるとべたべたしてくるしいですよね。
気象(お天気&地球)に対して、
皮膚って快・不快のかなり優秀なセンサーです。
湿気が梅雨よりまだすごくなくても、お肌(皮膚)は
季節の変わり目を感じているんじゃないでしょうか。
感覚的に苦しいので、やっぱり感情や排泄&呼吸も滞りやすいのでしょうね。


精神的にも、肉体的にもしんどさを感じて当然の季節なのかもしれませんね。

裏をかえせば、それって肉体が活性化してきている証拠なんですよ。
いらないものを出そうとしてるけど、チョットうまくいってない状態なんです。

尿&汗を内に閉じ込めないようにしましょうね。方法はいろいろありますが、
好きな方法を見つけてください。
ただ、食べる事だけでどうにかしようとするのはあまりオススメしません。
特にこの時期、食べすぎはカラダの不調を招きやすいんですよ。いろいろ滞りやすい季節だから、
カラダの風通しは良くしておくほうがグーです。
(ホリスティック医療などで食箋もらってるような病気の方は別)

それとね、オススメなのが、歩く時にできることです。
野口整体なんかでも夏は大またであるけ!っていうらしいんですけど、
ワタシは食べ物は別として、
今の時期からカラダの動かし方は夏向きにしておくの。
(ヘソだしとか、ショーパンはくんじゃないよ!あとね、今の時期は足首冷やさないように!)

いつもより意識して歩幅を大きめに踏み出してみることです。
(本当に病気や怪我をお持ちの方は無理をなさらずに…)
そのためには股関節を動きやすくするのがポイントなんだけど
股関節って、とにかく可動域が狭くても広くても、動かしやすいようにしておくといいですよ。

股関節ってリンパ通ってるでしょ。
早い話リンパはカラダの下水道。いらんものをはこんでるのよ。
そこが元気に動けば、なんだか重たい下半身も軽くなりやすいわけですよ。
いらない尿や汗なんかも出やすくなると思う、私の経験では。
マッサージなんかもいいけど、手っ取り早くできるからね。歩くのって。

感情もほぐれやすくなります。(これほんと)
詳しくは奥谷さんの名著「おくらく整体生活」を読むといいです。
話はちょっと違いますが、なるへそー(古いっ!)と思えますから。

つか、注意書き多すぎないか、わたし・笑
説明するとさ、マニュアルになるのとね。
時にそのまま受け取る方がいらして、そうなると読む方もあまり考えなかったりするので、
ついつい書いちゃうよ・笑

メルマガとかにある流行のポジティブ書きや辛口書きは、できないの。
私の体に落ちてこないの。嘘ついてるみたいで・笑。
(そういうのが書きやすい人はそうしていいと思うんだけどね)
エチケットとして、思いやりとして
上品な書き方はアリだと思うんだけどね。美風さんがいつかお書きになってましたが。
ワタシは器が小さいなりにふんばりを効かせたい。どちらかというと。

私も言いたい事言わないと時にぐるしーのよ、いろいろ・涙。
[PR]

by BR_GIRL | 2009-05-28 13:45 | からだ